【シーズン11最終434位】サザンウサナッドガスサイクル

【自己紹介・前置き】

はじめましての方は、はじめまして。お久しぶりですテイクと申します。とりあえずシーズン11お疲れ様でした。今シーズンも一様3桁には載せたので構築記事を書きました。我ながら今回の構築名がダサすぎると感じます。それはさておき、個人的には前シーズンにランクマに潜れなかった分、今シーズンは二桁を目指すという目標を持ち対戦してきたのですが、終盤にあまり勝つことができず少し悔しい気持ちもあるので、この記事はメモ程度の気持ちと反省も含めて作成したので、気軽にご覧になって頂けると嬉しいです。

f:id:TAKEgame:20201031200701j:image

マタドガスはガラルの姿

f:id:TAKEgame:20201101114044p:image

【構築経緯】

  1. コンセプト→パッチラゴン、アシレーヌ、ウーラオスホルード、ゲンガー、リザードンなどなどの環境にある程度いるアタッカーポケモンに対してある程度サイクル戦で対応できるようにする。
  2. 個人的にシーズン10で、組んでいた対面構築では様々な方向から勝ち筋を拾いにくく、若干流行り出した受けループやサイクル構築などに苦戦したりしたため、自分には対面的な戦い方は合わないと感じシーズン11ではサイクルを重視した構築を組んだ。
  3. はじめは相性補完を考え、お得意のアシレヒトムナットのサイクルを考えていたが、アシレーヌの耐久に努力値を振りすぎてしまうと打ち合いに勝つのが難しいと感じ、火力と耐久性をもち、アシレーヌと同じ複合タイプを持つマリルリに変更し、マリナットヒトムの三体を少しづつ環境に合うように調整していった。次に環境トップを誇るパッチラゴンとウーラオスの対策として、上から流星群を打てるサザンドラを採用。次にウーラオスに対してめちゃくちゃ安定するとまでは言えないものの、まあまあ打ち合いが可能なガラルマタドガスを採用した。最後の一匹は、パッチラゴンの選出を抑制し水ウーラオスの選出を誘導する、タスキ枠としてかなり信用を置いていたホルードを保険としていれた。

 

【個体紹介】

サザンドラ@こだわりスカーフ

f:id:TAKEgame:20201101022827j:image

性格ひかえめ 特性ふゆう

努力値 CS252

技:流星群 悪の波動 ラスターカノン 蜻蛉返り

スカーフ蜻蛉で対面操作したり有利なポケモンに対しては上から攻撃して負担をかけたりなど、普通に活躍してくれたポケモン。よく初手に投げていた。大文字ではなくラスターカノンにしてる理由はニンフィアの処理ルートが少なくストレスに感じたためだったり、アシレーヌに等倍の威力でダメージを稼ぐため、壁を貼ったキュウコンを倒すためなどなど。性格がおくびょうではないのは、ダイマパッチを流星群で落とすには火力が足りんかったから。スカーフウーラオスに抜かれるのが嫌だったので臆病でもよかったかもしれん。

選出率1位 ダイマ率2位

 

マリルリ@突撃チョッキ

  f:id:TAKEgame:20201101025715j:image

性格いじっぱり 特性ちからもち

努力値 HA252

技:アクアブレイク じゃれつく 馬鹿力 アクアジェット

かわいいウサギ。チョッキを持たせて半端な火力の特殊ポケモンに受け出ししたりしてた。そんで有利対面を作ったら無理やり火力を押しつけていた。相手のダイマに合わせてこちらもダイマし打ち合う場面が多かったので初手ダイマをする事もよくあった。ダイナックルで火力を上げて高耐久のポケモンもゴリ押しできたのも強かった。また、珠ダイマリザードンに対してこちらがダイマしなくても倒せるのは強いと思った。自分バカなんで努力値調整などはしなかったが、正直もう少し色んな部分に振り分けてもいいと思った。

選出率2位 ダイマ率1位

 

ホルード@気合のタスキ

f:id:TAKEgame:20201101030803p:image

性格ようき 特性ちからもち

努力値 AS252

技:地震 じたばた 堪える 電光石火

おじさんウサギ。ちょっと流行っていた堪えるじたばた型。とりあえず選出したら活躍してくれた。サイクル戦には参戦できないものの、狩残したポケモンや、サイクルによってケアができないポケモンに対してタスキを持ったこのポケモンがストッパーになってくれた。こいつも何も考えずASブッパした。水ウーラオスアローラキュウコン、鋼タイプ以外ならこいつでいける。じたばたの火力えぐすんぎ。

選出率5位 ダイマ率6位

 

ナットレイ@ゴツゴツメット

f:id:TAKEgame:20201101033500j:image

性格のんき 特性てつのトゲ

努力値 HBベース

技;パワーウィップ 鉄壁 ボディプレ 宿木の種

物理受け+アシレーヌ受けのポケモン。ジャイロを切ってパワーウィップにした理由は、ヌオーやトリトドンガマゲロゲに草の4倍弱点を打ち込むためだったり、水ウーラオスと対面した場合に、最悪大草原で打ち合えるから。持ち物がゴツゴツメットの理由はウーラオスの水流連打に合わせて投げると相手のウーラオスが勝手に削れてくれるから。(あんまり成功しなかったので)ぶっちゃけ食べ残しとかヨプとかオッカの実の方が良かったかもしれん。鉄壁ボディプレス型にする事でモジャンボモロバレルに対して一方的に積みまくって負担をかける事ができたり物理ポケモンを詰ませたりすることができるので強かった。

選出率3位 ダイマ率5位

 

マタドガス@オボンの実

f:id:TAKEgame:20201101034922p:image

性格すぶとい 特性ふゆう 

努力値HBベース

技:クリアスモッグ ワンダースチーム 鬼火 守る

ウーラオスを受けるために入れたポケモン。構築が格闘の一貫やばすぎなのでこのポケモンが活躍してくれた。ウーラオスアイアンヘッドや水流連打でいい感じにオボンが発動してくれる。他にもマリルリやパッチラゴン、ルガルガンなど特性により火力が上げるポケモンなどはマタドガスでもなんとかなった。個人的に見た目が好きだったので活躍させる事ができて良かった。鬼火外しが結構勝敗を左右するのでマージでこわかった。

選出率4位 ダイマ率3位

 

ヒートロトム@こだわりメガネ

f:id:TAKEgame:20201101040033j:image

性格ひかえめ 特性ふゆう

努力値HCベース

技:オーバーヒート 10万ボルト ボルトチェンジ 悪の波動

正直一番微妙だったポケモンキュウコンがいた場合によく初手投げていた。リザードンにも強かった。有利対面を作ったらボルチェンで対面操作したり、メガネの火力を押しつけたりできたのでまぁ強かった。あまり選出出来なかったのでもっと別のポケモンでもよかったかもしれん。もっと考えるべきだったか。

選出率6位 ダイマ率4位

 

【選出】

相手のポケモンを見て引き先を用意する様にしていた。

サイクル戦をする場合、

サザンドラ+マリルリ+ナットレイorマタドガス

の選出が多かった気がする。

 

相手が初手ダイマしそうな構築の場合、

マリルリorサザンドラ+ナットレイorマタドガス+ホルード

 

アローラキュウコン入り、

・ヒトム+色々

 

受けループ、

ヒートロトム+ナットレイ+マリルリorホルード

が多い。

 

【きついポケモン

アイアント→広い技範囲と高火力とまあまあ高い素早さが厄介。

カビゴン→型が多すぎて対応しづらい。

・催眠ゲンガー→運ゲー

 

【最後に】

しっかり構築を考えるべきだと思いました。目標の最終二桁にいけず悔しいので来シーズンこそは頑張ります。応援してくださった方々や構築の相談をしてくれた方々、本当にありがとうございます。そして、今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

剣盾S7使用構築最終361位(最終レート1957)【ゴリラヒトムギャラドス】

【自己紹介など】

お久しぶりです、初めましての方は初めまして。テイクと申します。今回はs7で最終レート1957を達成したということで、惜しくも2000まで届きませんでしたが、頑張って構築を組んだのでメモ程度に構築記事を残しておきたいと思います。s5でも構築記事を書いたのですが、まだまだ慣れていないので暖かい目でご覧頂けると幸いです。また、少しでもこの記事が役にたてば嬉しいです。

https://takegame.hatenablog.com/entry/2020/05/01/151442

s5の構築記事はこちら↑

 

それでは今回使った構築を紹介します。並びはこんな感じです。

f:id:TAKEgame:20200702160216j:image

 

f:id:TAKEgame:20200702161235j:image

【構築経緯・コンセプト】

シーズン7で解禁した夢特性の御三家のゴリランダーの超火力に注目し、このポケモンを構築に入れることを前提に組みはじめた。

自分の得意なサイクル戦の中でゴリランダーの火力を無理やり押し付ける戦い方が個人的に強いと思い、ゴリランダーの苦手とするトゲキッスナットレイに強く出れるヒートロトムを保管として採用した。この2匹を軸に色々なポケモンを序盤は試していたが、同じくシーズン7で解禁された、リベロエースバーンの火力に受け出ししても勝てないと思い、威嚇ギャラドスを次に採用した。この3匹が基本選出となった。

この3匹できついのはパッチラゴンや、鬼火ドラパルト、ギャラドスでした。まずは電気の一貫を切るために地面タイプの枠をエースバーンがダイジェットしてなければ上から殴れるスカーフドリュウズを採用。ギャラドスや、ドリュウズローブシンミミッキュなど幅広い範囲の物理ポケモンをみることができる、キセキサニーゴを次に採用。最後にドラパルトに強くs5から愛用している身代わり瞑想アシレーヌを入れて構築が完成した。水タイプ2草タイプ1ということで全くカバルドンが出されなかった。

 

【単体紹介】

ギャラドス@オボンの実

f:id:TAKEgame:20200702163833g:image

特性:威嚇

性格:いじっぱり

努力値:H16n-1 A252 S+1で最速エースバーン抜き BDは余り

技:たきのぼり 飛び跳ねる パワーウィップ りゅうのまい

エースバーンへの引き先。エースバーンがいる構築にはだいたい選出していた。威嚇でAを下げて竜舞を積み起点にしたりする動きも強かった。

 

ドリュウズ@こだわりスカーフ

f:id:TAKEgame:20200702165452g:image

特性:かたやぶり

性格:陽気

努力値:ASぶっぱ

技:地震 アイアンヘッド かわらわり ステルスロック

今期はじめてスカーフドリュウズを使ったが、ダイジェットを積んでいないエースバーンや、ミミッキュを上から倒せたりして強かった。グラスフィールド地震とのシナジーが若干悪いため選出率は低かったが、ダイマックスを上手く活用し、選出した時は必ず仕事をしてくれた。ギルガルドドヒドイデがいるパーティーにはよく選出し、ダイマしてナックルを積みナットレイなどもゴリ押しで飛ばせるのは強いと思った。ステルスロックも大ウォールになるので使いやすかった。

 

アシレーヌ@食べ残し

f:id:TAKEgame:20200702170026g:image

特性:激流

性格:控えめ

努力値:H172B252C28D4S28

技:泡沫のアリア ムーンフォース 身代わり 瞑想

S5から愛用しているHBベースの瞑想アシレーヌ。個人的にかなり信用度が高い。ドラパルトが重いと感じ無理やり構築に組み込んだが、ものすごくドラパルトに対して強かった。(弱点保険はキツかったけれど)Sは無降りブラッキー抜きで、中途半端な火力のポケモンは全て身代わり瞑想の起点にした。おもにブラッキー、ヌオー、トリトドンなど。

しかし今期から登場した夢特性ゴリランダーが環境で暴れまくってたため動かしずらい部分もあった。

 

サニーゴ@進化の奇跡

f:id:TAKEgame:20200702171352g:image

特性:呪われボディ

性格:図太い

努力値HBぶっぱ

技:ステルスロック 力をすいとる 鬼火 ナイトヘッド

ギャラドスだけでは物理受けが不安だったため採用した。ダイアークさえ気をつければエースバーンも見ることができ、様々なポケモンに対して受け出しできた。予想以上の耐久で正直ビックリしたし、力をすいとるがバグレベルの性能を持っている技なので選出率は意外と高かった。相手の物理ポケモンダイマックスターンは大体こいつで枯らせることができる。

 

ゴリランダー@こだわりハチマキ

f:id:TAKEgame:20200702172038g:image

特性:グラスメイカ

性格:いじっぱり

努力値:HAベース

技:ウッドハンマー グラススライダー ドレインパンチ 叩き落とす

このゴリラはとにかく火力がやべえ。ウッドハンマーを始め、グラススライダーのハチマキ+グラスフィールドの効果により受け出しを許さなかった。ヒトムとサイクルを回す戦い方が個人的にすごく好感触だった。選出率は1位。有利対面だったならほぼゴリ押せる。

 

ヒートロトム@突撃チョッキ

f:id:TAKEgame:20200702172906g:image

特性:ふゆう

性格:控えめ

努力値:HCベース

技:10万ボルト ボルトチェンジ オーバーヒート あくのはどう

ゴリランダーとの保管が良かったため採用した。ゴリランダーじゃ削りきれないアーマーガアや、ナットレイトゲキッスリザードンによく後投げして対応していた。チョッキを持たせているため特殊ドラパにもかなり強かった。ゴリランダーにも受け出し出来たので選出率は高かった。交代際にボルチェンを打ち込んで有利対面を作る動きが何より強かった。

 

【選出】

選出1:相手にエースバーン又はカバルドンがいた場合

ゴリランダー+ヒートロトムorアシレーヌギャラドス

(エースバーンとドラパルトの2体がいるパーティーには初手にヒートロトムまたは、アシレーヌを初手に置いた。)

選出2:相手の構築にエースバーンがいない場合

ゴリランダー+ヒートロトムorサニーゴドリュウズorギャラドス

選出3:相手が受けループの時の選出

ゴリランダー+ヒートロトムドリュウズ (場合によってアシレーヌを入れる)

選出4:ゴリランダーが通らない選出

アシレーヌorサニーゴヒートロトムorサニーゴドリュウズorギャラドス

 

【きついポケモン・きつい並び】

ミミッキュ

ダイマックスターンが枯らされる。

・剣の舞を積まれると裏にドリュウズがいなかった場合きつい。

コータス

・一発で倒せないのでステルスロックを撒かれる。

③アーマーガア+ランターン

・ゴリランダーがアーマーガアで止まってしまう。

ヒートロトムに下げても蓄電で電気を吸い取られる。

④弱点保険ドラパルト

ヒートロトムアシレーヌでつい弱点を付いてしまうとパーティーが半壊するので注意が必要。

 

【まとめ】

最後まで構築記事を閲覧していただきありがとうございました。少しでも参考にしてくれたら嬉しいです。S8からは新環境になると思うのですがその時も上位を目指して頑張ろうと思います。また、いい順位を採れたらまた記事を書こうと思っております。ご質問ありましたらいつでも承ります

TN→TAKE

 

 

 

 

ポケモン剣盾S5最高25位最終260位【アシレナットサイクル】

初めましてテイクと申します。今回はポケモン剣盾でS5最終260位をとったので記念に構築記事を書きたいと思います。初めて構築記事を書くのですが温かい目でご覧いただけると幸いです。

f:id:TAKEgame:20200501170107j:image

f:id:TAKEgame:20200501150638j:image

f:id:TAKEgame:20200501162547j:image

【構築経緯】

現環境に適したサイクル構築を考えており、僕の好きなアシレーヌを使いたいという思いから構築を考えはじめました。アシレーヌを採用する上でタイプ相性の補完が良いナットレイをまずは採用。ここからトゲキッスに強いヒートロトムを採用しました。また、サイクルをしていきながら高速で火力のあるポケモンを通していく戦い方が強いと思い、スカーフホルードと、メガネドラパルトを採用した。最後の一匹は化けの皮がありとりあえず強いミミッキュを採用し完成!

 

【コンセプト】

アシレ、ヒトム、ナットで環境に多いポケモンに対してサイクルを回しつつ高速アタッカーを通すのがコンセプト。

選出としてはサイクル選出の、アシレ、ヒトム、ナット。または、ドラパorホルード+サイクルみたいな感じ。

 

【単体紹介】

ホルード 持ち物→こだわりスカーフ

f:id:TAKEgame:20200501151555g:image

性格:陽気 努力値:AS252

技構成:のしかかり、地震、蜻蛉返り、イカサマ

このパーティーのエース。よく初手に出して蜻蛉返りで様子見する動きが強く、終盤にサイクルの中で削り取らなかったポケモンを倒していた。また、ミミッキュ、ドラパルトのゴースト技が効かないところが偉く、動きやすかった。アーマーガーやナットレイ入りにはあまり出さなかったです。

 

アシレーヌ 持ち物→食べ残し

f:id:TAKEgame:20200501151931g:image

性格:控えめ 努力値:H172B252C28D4S28

努力値はこの記事を参考にさせていただきました。

https://turatura.jp/entry/2020/03/08/001345

技構成:泡沫のアリア、ムーンフォース、身代わり、瞑想

ヒヒダルマの攻撃をほぼ半減で受けられるのが強かった。ドリュウズカバルドンガオガエンに強く選出率は一位でした。サイクルをする上で回復できないのが辛かったため、食べ残し瞑想型にして、使ってみたが身代わりがあまり読まれず相手の交代際に身代わりを置いてアドを取らことで試合を有利に進めることができた。また、ガオガエンや、ブラッキーなどの火力が中途半端なポケモンは身代わりで起点にすることができた。

 

ヒートロトム 持ち物→突撃チョッキ

f:id:TAKEgame:20200501152726g:image

性格:控えめ 努力値:HCベース

技構成:10万ボルト、ボルトチェンジ、オーバーヒート、悪の波動

アシレ、ナットで受けれないトゲキッスに強く安定してあと投げできた。最近はげんしのちからを持っている個体も増えているので対応できるようにチョッキを持たせた。リザードンなどにも強かったです。

 

ナットレイ 持ち物→混乱木の実

f:id:TAKEgame:20200501153256g:image

性格:のんき 努力値:HB252

技構成:ジャイロボール、ボディプレス、宿木の種、鉄壁

アシレーヌと相性が良くアシレーヌが苦手なタイプを半減で受けることができため採用した。相手のナットレイに抗えるようにボディプレスを採用したがカビゴンや、ラプラスドリュウズなどにも強かった。

 

ドラパルト 持ち物→こだわりメガネ

f:id:TAKEgame:20200501154051g:image

性格:臆病 努力値: CS252

技構成:流星群、シャドーボール、大文字、蜻蛉返り

高速エースその2。パッチラゴンの大マックスをメガネ流星群で倒せるのが強いと思って採用した。基本的にホルードと同じようにサイクルを回していきドラパルトを通す立ち回りをしていました。上からの蜻蛉帰りで対面操作する動きももちろん強いけれど、高い火力で相手を削り取れるのが強かった。

 

ミミッキュ 持ち物→アッキの実

f:id:TAKEgame:20200501155003g:image

性格:いじっぱり 努力値:AB252

技構成:じゃれつく、ゴーストダイブ、影打ち、剣の舞

相手の積みアタッカーのストッパーになったのでとりあえず強かった。選出したらある程度仕事してくれました。

 

【きついポケモン

カビゴン→型が多くて難しい。ヒートスタンプを持っている場合、ナットレイが二回耐えないのでキツかったです泣

ドラパルト→ドラパルトも型が多いので型を予想するのが難しかった。特に特殊か物理かでだいぶ動きが変わるので難しい。

 

【最後に】

最後まで見てくれてくれてありがとうございます。今期は目標の最終2桁に到達できず少し悔しいです。S6以降は最終2桁いけるように頑張ります!また、構築記事を書くかもしれないのでその時はまた、見てくれると幸いです。Twitterの方もよければフォローよろしくお願いします。いろんなゲームやってます。

 

TN →TAKE